誰にでもなり得る病気|HIV検査に行こう

男女

増加している性感染症

看護師

性教育の必要性

少し前になりますが、HIVウイルスに感染した女性が主人公のドラマが放送されました。反響は大きかったようで、性病に関する知識が高まったと聞きます。放送されている途中から性病検査に出向く若者が増えて、社会現象にもなっていました。東京は他の道府県に比べると、若者が多く住んでいて外国人の数も多いと言われています。性病検査に行く割合も増えているようで、早期の発見に繋がっているようです。性病の発症を防ぐには、確かな知識を持つことではないでしょうか。出血を伴う性交は避けるべきですし、男性は女性に対しての理解を深めることが重要になります。東京においては、保健所や専門の医院で性病検査を受けることが出来ます。プライバシーが保護されるので、安心して検査を受けて下さい。

増える病気

性病検査を受けると、約二週間で検査結果が出ます。ここ数年で増えているのが、梅毒や淋病だと言われています。危険な病気には違いありませんが、既に治療方法が確立されています。泌尿器科を受診することで、適切な治療を行うことが出来ます。東京においても梅毒患者が増えているようで、行政が性病検査を促しています。未然に防ぐことが出来れば理想ですが、厳しい現状があるのも事実です。東京の小中学校においては性教育の授業が行われていますが、小さな頃から正しい知識を持つことが求められています。性病で亡くなる方は減少傾向にありますが、それでもゼロにはほど遠いのが現状ではないでしょうか。東京の取り組みをモデルケースにして、全国にも広がって欲しいです。