誰にでもなり得る病気|HIV検査に行こう

医者と看護師

安全治療早期発見が大切

カップル

昔はよく促されていたエイズ検査は、現在誰でも簡単に受けることができるのです。しかし、感染してから3カ月経たないと検査結果で表れないため、検査は3カ月後に行なうようにしましょう。また、感染してしまうと、抵抗力が徐々になくなってしまうため、早めに対処することが重要となります。

クリニックで検査する利点

白衣の人

性病は他人に相談しにくいことであり一人で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。しなし性病は放置しておいても治るものではなく、不安に感じた際にはクリニックに足を運び性病検査をしてみるようにしましょう。

様々な検査方法があります

男女

症状を悪化させない

HIVは日本でも感染者が増えていますが、初期の頃はあまり自覚症状もないため、知らずのうちに病気を進行させてしまったり、感染を広めてしまうこともありますHIVに感染しているかどうかを知るにはHIV検査を受けることでわかりますので、気になる症状がある人や感染が疑わしい何等かの経験がある人は一度検査してみてはいかがでしょうか。HIV検査で異常が見つかれなければ安心することができますし、もしも感染が見つかった場合も、適切な治療を行うことで、進行や発症を防ぐことができます。そして感染を知ることで他の人への感染を防ぐ効果もありますので、やはり早期発見は大切です。とはいえ、HIV検査は特殊な検査ということもあり抵抗を感じる人もあるのではないでしょうか。

様々な検査方法

HIV検査は病院で行うことができるのはもちろんですが、いきなり医療機関に足を運ぶのには抵抗があるという人もあるのではないでしょうか。HIV検査は自宅でも行うことができますので、まずはこうした検査で確認してみることがおすすめです。検査は郵送で行うことができ、少量の血液の採取で行うことができますので、キットを取り寄せてみてはいかがでしょうか。もしも異常が見つかった場合は早めに医療機関に訪れより詳しい検査を受けてみましょう。それから、匿名で検査を受けたいという人は保健所でも受けることができますので、こちらも活用してみましょう。検査は無料で受けることができますし、電話で予約を行っておくとスムーズに受けることができます。結果は後日知らされることもあれば即日にわかる場合もあります。

増加している性感染症

看護師

今、東京でも患者が増加している病気に梅毒があります。病院で治療を受けることが可能な病気ではありますが、疑わしいならば早期発見のためにも専門のところで性病検査を受けるようにしましょう。また、子供のころから知識を持つことも大切です。